消費税の増税に伴うご案内

2014年4月1日から消費税が5%から8%に改正されます。

2014年4月1日から消費税が5%から8%に改正されます。
店舗を運営する皆さまには、以下の事項についてご注意いただきますようお願い致します。

事前に準備しましょう

消費税率の設定

2014年4月1日から税率が8%になるよう、あらかじめ税率の設定を行っておきましょう。
設定方法はサポートサイトにてご案内しております。

→ スマレジ・ヘルプサイト 税率を設定する

価格の見直し・値札の付け替え

商品価格を税込みにしているか、税抜きにしているかで、税率が変わった際の価格が変わります。
以下のポイントを参考に、事前に価格の見直しを行いましょう。
また、必要に応じて、値札の付け替えを行いましょう。

  • ・商品価格を税込みで設定している場合、税率が変わっても販売価格はそのままで内消費税額が変わります。(つまり、粗利が変わる)
  • ・商品価格を税抜きで設定している場合、税率が変わったら販売価格が変わります。(つまり、粗利はそのままで上代が変わる)

※ 過去の販売履歴の内容(販売価格や粗利)が変わることはありません。

運用上 注意すること

税率変更時に、以下のような運用上の注意があります。あらかじめ運用ルールを確認しておきましょう。

 

取り置き

 
例)3月の時点で(一部または全部)代金をお客さまからもらっていて、4月に商品をお渡しした。
 
 → 増税分(3%分)の金額をお客さまから追加でもらう必要があります。
   つまり、商品をお渡しした時点の税率が適用されますので、事前に代金を頂いたからといって旧税率が適用されるわけではありません。
 
 3月の時点で前金でお金をもらう際に、取り置き機能を利用して前受金を登録します。
 4月の商品お渡し時は、取り置き機能を利用して、残金精算と同時に販売登録をして売上をたてます。
 
 ※3月に一部代金を徴収していない場合は、4月の商品お渡し時に通常通り販売します。



2014年3月度のアプリ更新で、取置き機能が搭載されました。ぜひご利用ください。

 → スマレジ・ヘルプサイト 取置きをおこなう


 

取り寄せ


例)3月の時点で(一部または全部)代金をお客さまからもらっていて、4月に商品をお渡しした。
 
 → 増税分(3%分)の金額をお客さまから追加でもらう必要があります。
   つまり、商品をお渡しした時点の税率が適用されますので、事前に代金を頂いたからといって旧税率が適用されるわけではありません。
 
 3月の時点で前金でお金をもらう際に、入金機能を利用して預り金を登録します。
 4月の商品お渡し時は、3月の入金額をいちど出金登録し、その後販売登録をして売上をたてます。
 
 ※3月に一部代金を徴収していない場合は、4月の商品お渡し時に通常通り販売します。
 
 

返品・キャンセル


例)3月に販売した商品が4月に返品・キャンセルとなった。
 
 → 販売時の金額を返金します。
 
 [注意] 返品機能を使用すると、4月時点の税率で返品することになるため、販売額と返金額が異なってしまいます。
 キャンセル機能を利用するようお願いします。(キャンセル機能の場合は、以前の取引を打ち消すため、もとの金額が打ち消されます)
 締め日をまたいだ場合、販売時の売上はそのままで、キャンセルした日にマイナスが計上されます。
 
 お客さまが複数商品を一度に購入し(3月)、そのうちの一つを4月に返品する場合、キャンセル機能では対応できません。
 その場合は返品機能と値引き機能を利用してください。8%での返品となるため、差額の3%は直接税理士と相談して下さい。