店舗運営で役立つ、
スマレジの新型コロナウイルス感染症対策

スマレジでは、セルフレジやセルフオーダーなど、注文やレジで接客中のスタッフと
お客さまとの接触を減らし、感染リスクの低減に有効的な機能や商品を取り揃えています。

スタッフとお客さまの、
会計時の接触を避け
感染リスクを低減させる

業務内容に応じて選べる販売方法

セルフレジ

お客さまご自身がスマレジの画面を操作し、ご注文から精算までを行うので、非接触での会計が可能。もちろん、自動釣銭機と連携もできます。

業務内容に応じて選べる販売方法

キャッシュレス対応

現金の受け渡しをしないキャッシュレス決済は、衛生的で感染予防にとても有効。スマレジでは、あらゆる決済手段をご用意しています。
 

業務内容に応じて選べる販売方法

飛沫感染予防 アクリルパーテーション

レジ前や受付カウンターなどに設置するアクリルパーテーションを販売中。飛沫感染予防となり、ウイルスから守ることができます。

セルフオーダーなどの導入で、
飲食店での対面を避け
感染リスクを低減させる

業務内容に応じて選べる販売方法

スマレジ・
テーブルオーダー

お客さま自身にテーブル上で注文していただく、セルフオーダー機能です。スタッフがお客さまと対面せずに、注文を受け付けることができます。

業務内容に応じて選べる販売方法

テイクアウト・
デリバリーの導入

テイクアウト・デリバリー商品の税率は簡単に設定できます。待ち時間が発生する可能性のあるテイクアウト販売では、引換券機能も便利です。

業務内容に応じて選べる販売方法

QRオーダー

新規注文時、伝票にQRコードを印字し、お客さまのスマホなどで読み取り注文していただく機能です。メニューの消毒作業の時間を短縮できます。

スマレジ・アプリマーケットでも、
テイクアウト・デリバリーに便利なアプリ(機能)を公開中

スタンダードプラン(¥0)から利用可能なスマレジ・アプリマーケットでは、利用状況に合わせ、アプリ(機能)を自由に購入することができます。スマレジとUberEatsを連携できる「Uber Eats LINK」や、商品引き換え待ちモニターアプリ「引換券モニター」などが順次公開予定。その他、これまでになかった便利なスマレジ拡張アプリが登場予定です。

業務内容に応じて選べる販売方法
『Go To Eat』への参加にも

接触確認アプリ(COCOA)の紹介
レシートに印字できます

飲食店がGo To Eat加盟店に参加する際に求められる感染症対策に「接触確認アプリ(COCOA)の紹介」があります。スマレジの機能でレシート印字による紹介ができ、QRコード印字、また接触確認アプリの登録をお願いするテキストを印字することも可能です。

業務内容に応じて選べる販売方法
業務内容に応じて選べる販売方法

テレワークを導入する

クラウド勤怠管理サービス「スマレジ・タイムカード」を利用すれば、テレワークにも対応できます。出退勤の打刻だけでなく、業務内容の報告、進捗の報告が同時に行えるので、社員に無理なく、勤務状況を可視化することが可能です。あらゆるデバイスで勤怠入力が可能で、位置情報(GPS)の記録も可能なので、不正防止にもつながります。

スマレジの導入をご検討中のお客さまへ

無料非対面でもしっかり相談
できる、オンライン相談を受付中

業務内容に応じて選べる販売方法

スタッフが対面でご対応

Zoomを使用し、オンラインでスタッフが対面でご説明。スマレジのサービスご説明から、概算のお見積もりまで、詳しくご案内します。
※詳しくはZoomミーティング ウェブサイトをご確認ください。

業務内容に応じて選べる販売方法

全国どこでも、相談可能

オンラインなので、全国どこでも、お気軽にご相談いただけます。お時間は約1時間程度。お客さまの疑問にお答えします。

業務内容に応じて選べる販売方法

分かりやすい
機器動画をご用意

イメージしにくい機器の仕様を、あらゆるケースを想定した動画をご用意し、管理画面と併せて、お客さまに共有しながらご説明します。

ヘルプサイトでは、スマレジを現在ご利用中の方に向けてご契約プランのダウングレード方法や、
政府の支援対策なども公開しておりますので、こちらもご活用ください。