外部システム連携プレミアム以上

スマレジが提供するサービス以外にも、
他社が提供する会計システムや
飲食店向けの外部システムと連携しています。
スマレジAPIで、より柔軟な連携が可能です。

スマレジAPIについて詳しく

会計サービスとの連携

煩雑な経理業務も、会計サービスと連携すれば大幅な簡略化が可能になります。
スマレジは、下記の会計サービスに対応しています。

クラウド会計ソフト freee(フリー)

スマレジで記録された売上データを、自動で『会計フリー』に登録することができます。
会計ソフトへの手入力が不要となり、店舗経営者や会計事務所の経理業務の手間や、ミスを大幅に削減することができます。また、確定申告・法人決算に必要な決算書・申告書の作成など、毎年必ず発生する書類作成業務も簡略化することができます。

YAYOI SMART CONNECT

会計・確定申告ソフト『弥生シリーズ』と連携することができます。
銀行明細やクレジットカード、電子マネーなどの様々な取引データを自動取込、自動仕訳し、会計データへと変換します。『やよいの白色申告』『やよいの青色申告』をはじめとして、「弥生シリーズ』などのソフトと連携が可能です。※ スマレジと弥生シリーズ製品の連携状況は、弥生株式会社のwebサイトをご覧ください。

MFクラウド会計

スマレジの売上データを、『MFクラウド会計』に毎日自動で反映できます。会計ソフトへの手動データ移行や手入力が全て不要になり、会計処理の手間を大きく省きます。
さらに、銀行やクレジットカード、電子マネーの明細を自動で取得し、記帳を自動化。
これにより、確定申告や法人の決算書などの作成を簡単に行うことができます。
インストール不要で今すぐご利用いただけます。

勤怠管理システムとの連携

勤怠管理システムと連携し、
スタッフの勤怠情報から計算された人件費を自動入力

スマレジ・タイムカード

スマレジが提供するクラウド型 勤怠管理システム「スマレジ・タイムカード」と連携することができます。
スマレジの売上分析などに、スマレジ・タイムカードで記録されたスタッフの勤怠情報から自動的に計算された人件費などを表示することができます。 またスマレジ・タイムカード側でも、スマレジの売上情報を表示し、繁忙期などのスタッフ管理に活用することができます。

飲食店向けシステムとの連携

飲食店の管理をより便利にする、
下記の外部サービスとの連携をご用意しています。

ぴかいちナビ

外食産業向け管理システム『ぴかいちナビ』と連携することができます。
『スマレジ』の売上データと、『ぴかいちナビ』の仕入データや勤怠データを総合的に分析することで、より詳細な損益管理が可能です。
煩雑なデータの入力作業などがなくなることで、スタッフの生産性向上も実現し、売上や顧客満足度のアップにより多くのリソースを割くことも可能になります。※スマレジのプレミアム以上のプランと、ぴかいちナビの『営業管理システム』のご契約が必要です。

FOODIT21

フードサービス業向け 店舗支援トータルシステム『FOODIT21』と連携しています。
『FOODIT21』は、売上に対するコストF/Lをリアルタイムで確認することで、戦略的な経営管理を行うことができるほか、レシピ管理などの充実した機能も備えたフードサービス業向けトータルシステムです。スマレジAPIと連携することで、売上・勤怠・仕入・原価の一元管理が可能になり、本部・店舗の業務をトータルにサポートします。※スマレジのプレミアム以上のプランのご契約が必要です。連携について、詳しくはお問い合わせください。

TORETA

飲食店向けプラン『フードビジネスプラン』では、予約/顧客台帳サービス『トレタ』と連携することができます。
『スマレジ』が持つ注文・会計情報、『スマレジ・ウェイター』が持つテーブル情報、そして『トレタ』が持つ予約・顧客情報がシームレスにつながります。※スマレジのフードビジネスプランと、トレタの『プラスプラン』のご契約が必要です。

  • 過去の予約をその場で確認、
    スムーズな対応が可能に。

    スマレジの注文・会計情報はトレタの顧客台帳に自動で取り込まれます。例えば、ご予約時に「前回と同じコースで」と注文された場合も、履歴を参照すれば瞬時に対応できます。

  • 予約情報はいつでもウェイターで確認、
    細やかな気遣いを提供できます。

    お客様の名前や来店時間等、 トレタに入力された予約情報はウェイターのハンディ端末でいつでも確認できます。メモ機能もあるので、お客さまごとの重要な情報を共有する事も可能です。

  • 空席はリアルタイムに把握。
    予約受付の機会を逃しません。

    ウェイターでお客さまの状況(入店 / お食事済 / お会計済)を更新したり、スマレジで会計処理を行うと、トレタにもすぐに反映されます。リアルタイムな空席の把握が可能です。

iPadセルフオーダーシステム

iPadセルフオーダーシステム

各テーブルにiPadを配置し、お客様に注文を入力いただくセルフオーダーシステムです。
スマレジと連動することで、会計時に明細を打ち込む必要がなくなります。従来の紙のメニューをそのままタッチして注文できるような楽しい体験を提供できます。
iPadセルフオーダーとの連携に関しては、株式会社イグレックへお問い合わせください。

各種クレジットカード決済

スマレジとゼウス社が提供するクレジットカード決済サービス、「スマレジ・ペイメント」をご利用いただけます。スマレジは、スマレジ・ペイメント、楽天スマートペイ、ペイメントマイスター、Coiney(コイニー)に対応しています。

VISA・MasterCard・JCB・American Express・DinersClub。
主要な国際ブランドを取り扱い、お客さまのご利用シーンにあわせて選ぶことができます。

クレジットカード決済について

各種カード決済ブランド

スマレジAPIによる外部連携

お客様に応じて、その他の様々な外部システムとの連携にも対応できるよう、
独自のプログラミングインターフェース『スマレジAPI』を公開しています。
スマレジAPIについて詳しく

  • 例)ネットショップ

    ネットショップでの売上や在庫の自動調整を実現。どちらかで起こった変化を双方向に記録することで、売上や在庫の同期が自動でおこなえます。

  • 例)ポイントシステム

    自社独自のポイントシステムを運用されている場合も、スマレジの顧客管理と連動させて利用することが可能。

  • 例)基幹システム

    既存の倉庫管理や物流システム、財務システムなどの基幹系システムとの連動も可能。あらゆる規模で柔軟に活用頂けます。

スマレジAPIを使った連携実績

  • EC-CUBE

    株式会社ロックオンが提供するオープンソースのEC構築パッケージ「EC-CUBE」は、現在100万ダウンロードを突破し、推定20,000店舗以上で利用されています。
    スマレジAPIを利用することにより、「EC-CUBE」と売上情報・在庫情報・会員情報を連携することができます。スマレジ上で情報の一元管理することにより、O2Oを実現することが可能です。

  • Synergy!360

    シナジーマーケィング株式会社が提供するSynergy!360は、顧客特性にマッチしたコミュニケーションの最適化を支援するマーケティング・プラットフォーム(顧客管理システム)です。Webへのアクセス、メールの開封・クリック、フォーム登録など、履歴の蓄積が可能になります。

  • ApaRevo SPA

    株式会社大塚商会が提供する「ApaRevo SPA」は、アパレル・ファッション業界特有の商習慣や商品特性に対応し、卸・委託(売上仕入)・店舗の管理をマルチに行える販売管理システムです。スマレジAPIを利用して、商品・在庫・売上の連動が可能です。

  • WEB+レジ

    株式会社メイガスとホワットエバーパートナーズ株式会社が提供する「WEB+レジ」は、スマレジAPIを利用して、リアル店舗とECサイトの商品、在庫の一元管理できるサービスです。

  • Visionary

    株式会社フュートレックが提供する「Visionary」は、顧客管理からマーケティング効果検証までトータルで実現できるCRM管理システムです。

    スマレジAPIを利用して顧客情報やポイント情報を連携することにより、高度な顧客分析やポイント管理、さらにはマーケティング管理を実現することが可能となります。

  • dodoポイント

    株式会社Spoqaが提供する「dodo ポイント」はタブレットにお客様が携帯番号を入力するだけ、カード・アプリ不要を使わず「手ぶら」でポイント付与が可能な、日本初のポイントサービスです。 スマレジのAPIを活用し、会計金額のデータを連動することで、会計時にスマレジで確定した会計金額に応じて、付与するポイントの合計数が瞬時に「dodo ポイント」に反映されます。

    連携に関する詳細はこちらから。

    スマレジと「dodo ポイント」の連携に関するお問い合わせは株式会社Spoqaまでお気軽にご相談ください。

  • FOODIT21

    株式会社メディアミックスが提供する「FOODIT21」は、売上に対するコスト(F/L)をリアルタイムで確認し、戦略的な経営管理を支援するトータルシステムです。

    スマレジAPIを活用し、売上・勤怠・仕入・原価の一元管理に加えて、レシピ管理ができるなど、フードサービス業向けの充実した機能で本部・店舗の業務をサポートします。

  • ABEJA

    株式会社ABEJAが提供する人工知能を活用した店舗解析プラットフォーム『ABEJA Platform for Retail』は、来店客の年齢・性別や滞在状況など、これまで数値化できなかった店舗データの取得・分析を可能にするサービスです。

    スマレジAPIを活用することにより、店舗データとPOSデータを一元化して分析することができ、店舗・小売経営に役立ちます。