スマレジをセルフレジとして使用できるようになりました

アプリ 4.0.0
[ご注意ください]
AppStoreに表示される「スマレジ」と「PLUGRAM iPad Edition」はバージョンが異なります。
「スマレジ」は最新バージョン(4.0.0)、「PLUGRAM iPad Edition」は以前のバージョン(3.22.2)となります。
アップデートを自動に設定しているお客様は2020/07/21から順次、自動アップデートされます。
お急ぎのお客様は手動でのアップデートをお願い致します。




スマレジをセルフレジとして使用できるようになりました

PICK UP!
スマレジに セルフレジモードを追加しました。



自動釣銭機(グローリー社製)と連携することで、商品選択から決済までを入店したお客様ご自身で完了することができます。

お客様ご自身で決済処理を行っていただくことで、「お客様とスタッフの近接」や「硬貨やカードの手渡し」を抑制し、感染症拡大防止に配慮したお会計を行っていただくことが可能になります。

また、キャッシュレス端末として『STORES』での決済にも対応しております。
※ 別途決済会社との契約が必要です

【スマレジ・アプリの設定】
『設定 > 基本設定 > セルフレジ設定』を選択し、『セルフレジモードを開始する』 をタップすると、スマレジ・アプリがセルフレジモードへ遷移します。





機能追加
「PLUGRAM iPad Edition」のアプリアイコンのデザインを変更しました


これまで『スマレジ・アプリ』と『PLUGRAM iPad Edition』のアプリアイコンは同じデザインだったため、どちらもインストールしている場合、見た目だけでは区別することができませんでした。
『PLUGRAM iPad Edition』のデザインを変更することで、どちらのアプリなのかをアプリアイコンで判断することができるようになりました。
軽微な修正を行いました ・ スマレジ・ペイメント決済の端末接続時にキャンセル操作を行った場合に表示されるエラーメッセージを変更しました
・ スマレジ・ペイメント決済をゼウスの管理画面で取消した場合に、スマレジの取引を取り消すことができなくなる不具合を修正しました
・ スマレジ・ペイメント決済時に有効期限切れのカードを読み取った後の動作内容を修正しました
・ スマレジICリーダーの更新作業を行っても、「Update」ボタンに『更新あり』と表示されてしまう不具合を修正しました
・ スマレジ・アプリのリセット / 再同期の処理を行うと、スマレジ・ペイメントの番組コードが未設定状態になる不具合を修正しました
・ スマレジ・ペイメントの決済端末(M010)の更新にかかる時間を短縮しました




機能修正
軽微な修正を行いました ウェイターBOX使用時、Waiterテーブルビューからチェックアウトする際に営業時間帯名の取引タグがつかない不具合を修正しました。




機能修正
軽微な修正を行いました アプリで出庫伝票を出力する際に出庫登録時と、出庫一覧からの再印刷時で金額が異なる(出庫登録時は税抜、再印字時が税込)不具合を修正しました。
修正後はどちらも税込金額が印字されます。




以上です。
今後とも、スマレジをどうぞよろしくお願いいたします。