低コストで導入できる、圧倒的高機能なクラウドPOSレジ

軽減税率インボイス対応すべてのプラン

適格請求書等保存方式(インボイス)に対応した、
領収書、レシートの発行が可能です。

レシート、領収書に関わる
インボイス対応
スマレジなら
もちろん対応できます

レシートも適格簡易請求書(インボイス)に該当するため、事業者登録番号の記載と税率フォーマットの印字対応が必要です。
「適格簡易請求書」交付対象の事業者は、小売業、飲食店、写真業、旅行業、タクシー業、駐車場などがあります。

登録番号の印字

T+数字13桁の登録番号が入っていることが必要です。機能のレシート印字を編集することができます。

税率フォーマットの印字

「税率ごとに区分した消費税」と「適用税率」の記載が必要になります。

「出荷伝票」もインボイス対応

取引の相手方に取引金額を示す場合の書類には、登録番号の記載が必要になります。 スマレジは「出荷伝票」などにも、適用税率や登録番号の印字に対応していますので、安心です。

インボイスに対応するメリット

経費申請できる店として
選んでもらえる

出費した金額を経費として計上できるので、お店を利用するお客さまには便利で、利用の動機に。

取引先が外注先を変える
リスクの低減

仕入税額控除を受けたい取引先からの、外注先としての切り替えリスクを避けることができます。

新規開拓時の
商取引上のハンデがない

取引の新規開拓時、他の免税事業者との差別化にもなり、有利に働く可能性があります。

インボイス制度とは

2023年10月から本格的にスタートする制度で、インボイス制度に適した「適格請求書等保存方式」の領収書、レシートを発行することで、仕入れ側は消費税の仕入税額控除を受けることができます。仕入れの控除額に関わるため、事業者には対応が求められます。