クラウドPOSレジ「スマレジ」

低コストで導入できる、圧倒的高機能なクラウドPOSレジ

POSレジとは?

POSレジとは、POSシステムが組み込まれたレジのことです。
従来型のレジとの比較や、メリットをご紹介します。

POSとは?

POSは「Point Of sales」という英語の頭文字を取ったもので、日本語では「販売時点情報管理」と訳されます。
POSレジとは、お客さまと金銭のやりとりをした時点での販売情報を管理するシステム(POSシステム)を搭載したレジを指します。
POSシステムが普及してきた現在、「レジ」といえば、それは「POSレジ」を意味するものだという人も多いと思いますが、
正確に言うとそれは正しくありません。従来型の「キャッシュレジスター」と「POSレジ」を比較して解説します。

「レジ」と「POSレジ」の違い

キャッシュレジスター

キャッシュレジスタ

一般的に「レジ」とは、キャッシュレジスターのような、商品金額の計算やお客様への提示、釣り銭の計算といった、その場での商品取引に必要な機能が揃っている装置を指します。「ガチャレジ」「メカレジ」などとも呼ばれます。

POSレジ

POSレジ

「POSレジ」とは、「レジとPOSシステムが繋がったレジ」ということになります。お店で見かけるレジは、お会計をスムーズに行う為に使われる装置で、POSシステムは、「いつ」「何が」「いくつ」「いくらで」販売したかを、定量的に把握することが可能なシステムです。

レジの歴史

「キャッシュレジスター」は日本語で金銭登録機とも呼ばれ、略してレジと呼ばれています。お店にとってなくてはならない存在のレジの誕生や歴史、未来のPOSにも触れながら、詳しく解説致します。

POSレジの歴史について詳しく

現在提供されている、
レジとPOSレジのメリット比較

一口にレジと言っても、据え置き型のキャッシュレジスターや、コンビニやスーパーでよく見かけるPOS専用機など様々あります。
スマレジはタブレット、スマホを活用したPOSレジで、価格的にも導入しやすく、拡張性に優れています。

POSレジ

POSレジ

種類
※1

キャッシュレジスター

ガチャレジ・メカレジ

※2

POS専用機

レガシーPOS

PC、タブレットPOS

クラウドPOS

概要

電卓+金庫(ドロア)が一体式に。
会計のみの単機能で、売上は非電子データ(紙ベース)。

大型レジなので設置スペースが必要。
売上管理や集計など多機能なので、
高価で、導入費・維持費共に高額な傾向。堅牢性や耐久性が高く、周辺機器が付属。

市販のPC、タブレット、スマートフォンにレジ機能(アプリ)をインストール。
安価かつどこでも購入可能で、省スペース。クラウドなので機能も随時アップデート。

機種価格 ※3

比較的安価な機器が多い
1〜10万円程度

ソフトウェアも含むと高額
50〜数百万円程度

市販のタブレットなどの機器のみ
10〜15万円程度

維持費

機器の故障による入れ替え

・高額機器の故障による入れ替え
・ソフトウェアアップデート費用

・故障した機器のみの買い替え
・アップデート費用なし

操作性

操作ボタンが多く、
習得に時間がかかる

操作ボタンが多く、
習得に時間がかかる

直感的なインターフェイス

機能性

・単機能
・非電子データによる売上管理

・高機能
・デフォルト機能が多機能

・高機能
・店舗に合わせたプランと機能

サポート

基本なし

・担当者直通電話
・コールセンター
・訪問サポート

・ヘルプサイト
・メール/チャットサポート
・コールセンター
・訪問サポート

※1 電子レジスタ <E-A207W-W> 画像引用元:シャープ株式会社
※2 POSターミナル WILLPOS-Unity M-8750 画像引用元:東芝テック株式会社
※3 価格は例です。

今からレジを導入・
入れ替えするなら
クラウドPOSレジがおすすめです

クラウドPOSレジとは、端末にソフトウェア(アプリ)をインストールしてインターネットを介してクラウドサーバーにデータを保存し、
売上情報や在庫情報をリアルタイムで確認できるレジを指します。
スマレジはクラウドを介して、即時売上分析・在庫確認ができることはもちろん、機能のアップデートなども自在に行えます。

常に最新の機能にアップデート。レジを買い換える必要はありません。

キャッシュレスや軽減税率、非接触による会計など、国の制度やニーズによって販売方法が変化する事があります。
スマレジなら、アップデートによって迅速な対応が可能なので、レジを買い換える必要がなく、長期的なコスト削減になります。

スマレジのクラウドPOSなら、最新の販売形式にもスマートに対応。

例えば…

iPadで、券売機・
セルフレジ

お客さま自身で画面を操作し、注文、または会計を行っていただける機能です。

例えば…

iPadで、セルフオーダー
 

テーブル上にタブレットを設置し、お客さま自身で操作して注文するセルフオーダー。

例えば…

スマホで、
モバイルオーダー

店内飲食の場合も、お客さま自身のスマホで注文が可能です。注文の手間が削減できます。

便利な連携アプリが続々登場!

業界初!POSデータを活用した、
スマレジ・アプリマーケットを実現

多種多種なスマレジのユーザーのニーズに応えるべく、
ユーザーとソリューションを提供する事業者・開発者をつなぐプラットフォームとして、「スマレジ・アプリマーケット」を公開しました。
スマレジ・ユーザーは、アプリマーケット上で店舗に必要な機能(アプリ)を自由に購入することができます。

Uber Eats LINK アプリアイコン
Uber Eats LINK

スマレジとUberEatsを連携、
売上を一元管理・分析できます。

Uber Eats LINK アプリアイコン
引換券モニター

ファストフード店向け、商品引き換え待ちモニターアプリ。

Uber Eats LINK アプリアイコン
キッチンモニター

調理をキッチンモニターに表示、オーダーをペーパーレスに。

Uber Eats LINK アプリアイコン
LINE連携「会員カード」

お客様のLINEアプリにに会員管理用のバーコードを表示。

Uber Eats LINK アプリアイコン
レシプロ

レシピの原価をスマレジに連携して、細かい利益分析が可能。

Uber Eats LINK アプリアイコン
QuickPage

初心者でも簡単!ノーコードでHP作成。簡単に店舗のHPを作成。

いますぐ無料で資料請求!
かんたん早わかり「スマレジのご紹介」

話題の「セルフレジ」や「キャッシュレス決済」など
スマレジでできることが簡単にわかる資料をご用意しました。