スマレジAPIロゴ

スマレジが様々なシステムと連携することができるように、WebAPIを公開しています。

※スマレジAPIは、スマレジのアカウントをお持ちであればご利用いただけます。

スマレジAPIとは?

スマレジの機能やデータを他のシステムから呼び出して使用するための、プログラミングのインターフェースのことです。
スマレジAPIを利用することで、スマレジの売上データを外部の会計システムに反映したり、スマレジの顧客データを外部のシステムで呼び出して、マーケティング用データとして使用できるようにする等の自由なカスタマイズが可能になります。

スマレジAPIが提供する機能

スマレジデータ更新機能

  • ・スマレジの下記データを登録/更新/削除を行う。
  • ・一度のリクエストで更新できる上限件数は500件。
  • ・プレミアムプラン以上でご利用いただけます。
  • 部門情報
  • 商品情報
  • 会員情報
  • 在庫情報
  • 取引情報
  • セール情報

スマレジデータ参照機能

  • ・スマレジの下記データを取得する。
  • ・取得条件は、全件または、各データ毎に条件を指定して取得する。
  • ・取得するデータの最大上限件数は1,000件までです。
  • ・プレミアムプラン以上でご利用いただけます。
  • 部門情報
  • 商品情報
  • 会員情報
  • 在庫情報
  • 取引情報
  • 店舗情報
  • 日次締め情報
  • セール情報

スマレジデータ送信機能(PUSH機能)

  • ・スマレジの下記データが更新されたタイミングで、データを送信する。
  • ・HTTPリクエストでの送信となるため、受け側はHTTPサーバーが必要です。
  • ・スマレジデータ更新機能で更新した場合は、データを送信できません。
  • ・送信データは100件毎に分割して送信します。
  • ・プレミアムプラン以上でご利用いただけます。
  • 部門情報
  • 商品情報
  • 会員情報
  • 在庫情報
  • 取引情報
  • セール情報

スマレジAPI概要図

スマレジAPI:概要図

スマレジAPI活用例

  • ネットショップ + スマレジ

    ネットショップでの売上や在庫の自動調整を実現。どちらかで起こった変化を双方向に記録することで、売上や在庫の同期が自動でおこなえます。O2Oやオムニチャネルのシステムにもご活用頂けます。

  • 既存のポイントシステム + スマレジ

    自社独自のポイントシステムを運用されている場合も、スマレジの顧客管理と連動させて利用することが可能。

  • 帳票発行システム + スマレジ

    売上データを参照して請求書を自動発行するなど、自社のフローに合わせた業務自動化に活用。

  • 基幹システム + スマレジ

    既存の倉庫管理や物流システム、財務システムなどの基幹系システムとの連動も可能。あらゆる規模で柔軟に活用頂けます。

  • その他

    飲食店の予約受付システム、自社独自の販売分析システム、セキュリティ対策など

スマレジAPIをご利用のお客さまの声

ナノ・ユニバース

オムニチャネル戦略にフィット

株式会社ナノ・ユニバース 様
小売68店舗ERPCRMと連携

スマレジはWebAPIが提供されているので、オムニチャネル化を図る上で導入の後押しになりました。CRMとリアルタイムに売上・ポイント連携をすることにより、リアル店舗とオンラインショッピングサイトとのシームレスな情報連携(O2O)が可能とな…続きを見る

スマレジAPIのご利用方法

詳しい利用方法はヘルプサイトよりご確認ください。

スマレジAPIの仕様書は、スマレジのアカウントを作成していただくと、管理画面で見ることができます。

相談する

お見積もりやご質問などお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム

触ってみる

東京・大阪にショールームでスマレジを体験できます。

ショールームのご案内

スマレジ東京ショールーム

03-6303-1183

スマレジ大阪ショールーム

06-6227-1800

(営業時間:東京・大阪ともに平日10:00 - 19:00)

スカイプ商談って?

担当者がオンラインビデオチャットで、お客さまのご質問やご要望にお応えします。簡単なデモも可能ですので、ご活用ください。(スカイプ商談をするには、スカイプをインストールする必要があります。)