低コストで導入できる、圧倒的高機能なクラウドPOSレジ

POSデータとは?

分析すべきデータと売上アップに役立つ活用例

POSデータとはなにか、
分析方法から経営に役立つ活用法とあわせてご紹介します。

POSデータとは

POSは「Point Of sales」という英語の頭文字を取ったもので、日本語では「販売時点情報管理」と訳されます。
POSデータとは、お客さまと金銭のやりとりをした時点での販売記録データを指します。
POSデータを上手に活用できれば、商品開発やマーケティングなどあらゆる場面で役立てることができます。

POSデータに含まれる情報

レジで商品のバーコードを読み取ることで、以下のような情報をほぼリアルタイムで集められます

商品が購入
された日時

商品が購
入された店舗

商品が購入
された個数

購入された
商品名

購入された
商品の価格

商品を購入
した方の性別

商品を購入した
方の年齢層

※一部、ポイントカード発行やクレジットカード・
QR決済などのキャッシュレス決済に対応している場合のみ集計可能

POSデータを分析するメリット

キャッシュレジスタ

売上予測の精度が上がる

過去の日別・時間帯別の売上を振り返れば、その情報をもとに売上予測を立てることができます。例えば月曜日の売上を予測したい場合、過去数年間で同時期の曜日別売上傾向を見れば、大体の予測が可能です。時間帯別でも確認できるので、その日のピーク時間は何時頃かなども予測できます。

POSレジ

売上や無駄なコストを改善

どの商品が・いつ・どれだけ売れたのかが分かるので、その日に使う食材の量も予測することができます。発注の精度も上がるので、過剰在庫を防ぐことができ、フードロスの削減などにもつながります。販売機会の損失を防ぐと同時に、無駄なコストを削減し利益を上げることにもつながるのです。

POSデータでチェックすべき項目

日次・月次の
売上データ

どんな商品・サービスが売れたか、あるいは売れなかったかを日次・月次で分析することは、経営戦略において非常に重要です。POSシステムでは自動で集計されるためすぐに把握ができます。

商品ごとの
オーダー数や原価

たとえば、昨年と比べて今月の売上が下がっている場合、商品ごとのオーダー数を分析したり、原価を参照することができれば、対策を考えることができます。

在庫状況
 

在庫データを取得できるPOSシステムでは、在庫状況の把握もできます。リアルタイムで「いつ仕入れて、いつ売れたのか」「どの店舗に何個在庫があるか」などが一目瞭然となります。

売上アップに
役立つPOSデータの活用例

メニューの見直し
や新メニューの開発

売れ筋メニューを分析し、不人気なメニューは取り下げるなどの判断に役立ちます。客層別で分析し、ターゲットに合ったメニュー開発も可能。

効果的な
キャンペーンの実施

POSデータをもとに、売上予測を活用することで、売上アップつながるキャンペーンの計画に活かすことができます。

シフトを調整し
人件費の削減

精度の高い売上予測ができると、必要人員が時間単位で正確に分かります。適切なシフトを組むことができ、人件費の削減につながります。

いますぐ無料で資料請求!
かんたん早わかり「スマレジのご紹介」

話題の「セルフレジ」や「キャッシュレス決済」など
スマレジでできることが簡単にわかる資料をご用意しました。