低コストで導入できる、圧倒的高機能なクラウドPOSレジ

パン屋
POSレジを使う

会計機能や売上分析など基本的な機能に加え、連携アプリによる商品自動認識AI機能も利用でき、
パン屋の業務改善を実現できます。

パン屋のレジで
よくあるお悩み

レジ業務に時間がかかって
お客さまを待たせてしまう

パン屋は、代金精算のほかに「パンの袋詰め」という作業が発生します。そのため、レジでの待ち時間がどうしても長くなる傾向があります。レジ待ち時間が長くなると、それだけお客様の満足度が下がることが懸念されます。レジに列ができていれば、これから購入したいお客様の買い控えも起こりかねません。

すべてのパンの名前と値段を
覚えるのが大変

パン屋でありがちな悩みに、商品の名前と値段を覚えることへの負担があげられます。商品の種類が多くなると、たくさんの名称と値段を間違えず正確に覚えなければなりません。また、バーコード非対応で商品ごとに値段を入力する店が多く、その分時間がかかるため、負担に感じるスタッフは多い傾向があります。

パン屋にPOSレジを
導入するメリット

image

会計業務効率化でレジ待ち時間を解消

会計業務の効率化を図ることで、パン屋のレジ待ち時間の悩みを解消できます。例えば、自動釣銭機やキャッシュレス決済を導入するだけでも、スピーディーな会計が期待できるでしょう。パンの袋詰めや食パンのカットといった手作業があっても、レジの待ち時間を大幅に減らせます。

image

売上集計が簡単、購買分析もしやすい

POSレジなら、売上データから商品の売れ行きをリアルタイムで把握できます。時間別、商品別といったカテゴリー別の購買分析も可能です。そのため、売れ筋商品を把握して早めに補充する対策もスムーズに行えます。売上データを一元管理できるため、複数の店舗経営でも精算が楽になるでしょう。

image

会計ミスを削減、不正も防止できる

POSレジなら、値段をその都度入力する必要がありません。商品名や値段をあらかじめ登録しておけるため、人的ミスを防ぐことができます。操作もシンプルなため、操作ミスによる打ち間違いを減らせる点もメリットです。アクセス制限も可能なうえに操作した人の履歴を残すこともできるため、不正防止にも役立ちます。

パン屋向けのレジスターの選び方

01 販売管理機能

販売管理機能とは、商品別に販売個数を集計して分析する機能のことです。商品ごとの売れ行きや売れやすい時間帯などを把握できれば、材料の仕入れや仕込みに無駄が出ることもありません。もちろん、品切れになることも防げます。週または月単位での集計やジャンル別売上推移、他店舗の価格情報などの管理も可能です。

02 価格

POSレジの導入にあたっては、価格も重要な選定ポイントになります。低価格から始めたいなら、クラウド型のPOSレジを選ぶのもいいでしょう。高機能になるにつれて値段も高くなるため、機能と価格を見てバランスが取れているものを選ぶことが大切です。

03 キャッシュレス決済

キャッシュレス決済に対応していない場合は、機会損失となる可能性があります。そのため、クレジットカードだけでなく電子マネーの決済端末などを周辺機器と連携できるかは重要な選定基準の一つです。連携によって、QRコード決済などさまざまな支払い方法が可能になるPOSレジを選ぶと柔軟に対応できます。

04 デザイン

レジは、お客様の目に入りやすいものです。必要な機能がそろっていることも大切ですが、デザインも重視して選びましょう。例えば、おしゃれな雰囲気になるように、お店の外観や内装に合ったデザインにしたり、シンプルなデザインのものを選んだりすると、お店のコンセプトを壊しません。

05 値引きのしやすさ

パン屋は、毎日焼き立てのパンを店頭に並べるのが一般的です。また、売り残しを避けるために、残っているパンを閉店前に値引きするパン屋は多いでしょう。値引き処理をしやすくするためにも、レジは簡単な操作で反映されるものを選ぶことも大切です。POSレジなら、あらかじめ値引き率を登録するだけで簡単に反映できます。

06 バンドル販売

バンドル販売とは、複数の商品をまとめて売るセット販売のことです。例えば、「お好きなパンを3つで〇〇円」といった販売方法で料金設定が簡単にできます。バンドル販売は、パン屋でよく見られる販売方法の一つとなるため、「バンドル販売に対応しやすいレジか」についても考えて選ぶと、設定が楽になるでしょう。

パン屋におすすめな
スマレジの機能を紹介

高機能で使い勝手のよいPOSレジを探している場合は、スマレジがおすすめです。
スマレジには、パン屋に最適な機能が充実しています。

顧客管理アイコン

会計機能

値引販売やバンドル販売が簡単に行え、割引や値引が自動で反映されるため、人為ミスによる計算間違いを防げます。商品写真をアイコン画像として登録できる点もおすすめです。アイコン画像にすれば、値札をつけることが難しいパンも悩むことはありません。もちろん、キャッシュレス決済端末と連携することもできます。

スマレジ・アプリマーケットアイコン

売上分析

どのように売れ残りを減らすかは、パン屋にとって課題の一つです。スマレジは、日別・月別・時間帯別・曜日別など、売上の内訳をカテゴリー別で確認できます。セットで売れた商品や顧客情報なども分析できるため、店舗ごとの客層に向けた新商品の開発も可能です。

在庫管理機能アイコン

外部システム連携

会計ソフトと連携させれば、より一層正確な売上を把握できるようになります。もちろん、決算書の作成もスムーズです。スマレジは、会計ソフトのほかに飲食システムとも連携ができ、事前決済などのモバイルオーダーやテイクアウト、イートインコーナーを設けている場合の店内注⽂にも対応できます。

スマレジなら
商品自動認識AIとも連携可能

商品自動認識AIとは、カメラでスキャンするだけで商品を識別し、値段を自動入力してくれる機能のことです。
スマレジは、商品自動認識AIを搭載したアプリ「AI画像認識 ー 瞬時会計」と連携できるため、
トレーに置いたパンをスキャンすれば、簡単に値段を入力できます。これにより、レジ待ち時間の短縮や人件費削減が期待できます。

医院・クリニックイメージ画像

AI画像認識 ー 瞬時会計

AIカメラで商品を瞬時に認識して会計ができる拡張アプリです。パン、惣菜、コンビニ商品などに対応し、透明の袋や箱に入れた商品も認識できます。

アプリについて詳しく
登録126,000店舗突破

まずは無料で、アカウント作成

アカウント作成から30日間は、全機能を無料でお試しいただけます。

※30日経過後は自動的に無料のスタンダードプランへ切り替わります。
Download on the App Store
アカウント作成はアプリからも行えます