スマレジ・アプリver.3.9.2で発生中の不具合について

アプリ 3.9.2
2019年2月5日にアップデートされたスマレジ・アプリver.3.9.2において発生している不具合について。


お詫び
スマレジ・アプリver.3.9.0より発生している、エプソン社製レシートプリンターTM-m30で正常に印刷が実行されない不具合に対し、現在まで修正版としてver.3.9.1、ver.3.9.2をリリースいたしました。
しかし、誠に遺憾ながら現象の改善には至っておりません。

ご利用中のお客様におかれましては、大変なご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございません。
今後の対応と、お客様へのお願いについて以下に記載させていただきます。
お客様へのお願い
現在スマレジ・アプリver.3.9.2にアップデートを行っていないお客様におかれましては、現時点でのアップデートを控えていただきますようお願い申し上げます。
発生している現象
スマレジ・アプリver.3.9.2において、スマレジと連携利用するアプリ(楽天ペイ、square、ペイメント・マイスター等)での決済を行った際に、プリンターエラーが発生する場合があります。

【該当プリンター】
エプソン社製レシートプリンター TM-m30
※その他のプリンターでは、本現象は発生いたしません
今後の対応
スマレジ・アプリの次回バージョンにおいて修正予定です。
現状の対処方法
TM-m30をBluetooth接続、かつ楽天ペイを利用している場合
楽天ペイからスマレジ・アプリに画面が戻った後、5秒以上待ってから『完了』をタップすることで印刷が可能です。


TM-m30をEthernet接続、またはBluetooth接続でsquare、ペイメントマイスターを利用している場合
スマレジ・アプリver.3.9.2の利用を停止し、PLUGRAM iPad Editionをインストールしてご利用ください。
PLUGRAM iPad Editionを利用する上での注意点
【PLUGRAM iPad Edition】
株式会社スマレジは『スマレジ』とは別に、安定稼働を保証する旧バージョンを利用できるアプリ『PLUGRAM iPad Edition』を提供しています。
現在の『PLUGRAM iPad Edition』はver3.8.1で利用することができるため、ver.3.9.0以降で続いている不具合は発生いたしません。

注意点①
新たにインストールしたPLUGRAM iPad Editionは設定が初期値の状態となります。
既存のスマレジ・アプリと同じ設定で運用するための方法として、管理画面でアプリの設定を決めておき、アプリ同期時に反映させることが可能です。
設定方法については、以下のヘルプページをご参照ください。

管理画面からアプリの設定を行う


注意点②
連携利用するアプリ(楽天ペイ、square、ペイメント・マイスター等)を使用する場合、既存のスマレジ・アプリと『PLUGRAM iPad Edition』が同じiPad内に存在していると正常に動作しない場合があります。
『PLUGRAM iPad Edition』をインストール後には、既存のスマレジ・アプリをアンインストールしてください。

アンインストール前に、既存のスマレジ・アプリの端末識別番号を確認しておいてください。
端末識別番号はアプリの【設定>アカウント情報(アカウント設定)】で確認が可能です。


注意点③
通常の契約内容では、レジ端末の登録上限は1店舗3端末までです。
『PLUGRAM iPad Edition』をインストールした場合、既存のスマレジと同じ端末へのインストールだとしても、別端末(=別アプリ)として登録されます。
そのため、既に3端末の登録がある場合は『PLUGRAM iPad Edition』へのログイン時に端末登録上限エラーが発生してしまいます。
以下の手順で該当店舗の登録レジ端末情報を確認し、アンインストールしたスマレジ・アプリの端末情報を削除してください。

【手順】
1,スマレジ管理画面の【店舗>店舗一覧>店舗名】をクリックして、『端末の設定』タブを選択します。
2,端末識別番号を確認し、アンインストールしたスマレジ・アプリの端末名をクリックします。
3,端末情報画面の左下にある【削除】ボタンをクリックします。

登録されている端末情報に空きができることで『PLUGRAM iPad Edition』へのログインが可能となります。
 
この度は、ご迷惑をお掛けしてしまい申し訳ございません。
今後ともスマレジをどうぞよろしくお願い致します。