軽微な修正を行いました(スマレジ・アプリ.ver.4.1.3)

アプリ 4.1.3
[ご注意ください]
AppStoreに表示される「スマレジ」と「PLUGRAM iPad Edition」はバージョンが異なります。
「スマレジ」は最新バージョン(4.1.3)、「PLUGRAM iPad Edition」は以前のバージョン(3.22.2)となります。
アップデートを自動に設定しているお客様は2020/10/29から順次、自動アップデートされます。
お急ぎのお客様は手動でのアップデートをお願い致します。

2020/10/29
スマレジ・アプリ ver.4.1.3 をリリースいたしました。
更新内容は以下の通りです。

アプリ側のアップデートのため、ご利用端末から最新版へのアップデートをお願いいたします
『アプリの自動更新』をONにしている場合、リリース後に順次アップデートされます
機能修正
レジ端末・プリンターを複数台利用時に印刷エラーが発生する不具合を修正しました スター精密製レシートプリンターで発生していた、以下の不具合を修正しました。

発生条件
・レジ端末を複数台使用
・プリンターを複数台使用(スター精密 mC-Print2、mC-Print3)
・LAN(Ethernet)接続を利用
・アプリの『設定 > プリンター設定』の『BCR-POP1を利用する』がON

 

修正内容について
以下の場合で説明します。
レジ端末①
プリンターを2台使用
プリンターA:販売レシート用
プリンターB:引換券控え用
レジ端末②
プリンターを1台使用
プリンターB:販売レシート用

修正前の動作
レジ端末①で販売し、販売レシートと引換券控えを印刷する。
→販売レシートはプリンターA、引換券控えはプリンターBから印刷される。

その後、レジ端末②で販売し、販売レシートを印刷する。
プリンターエラーになる

修正後の動作
レジ端末①で販売し、販売レシートと引換券控えを印刷する。
→販売レシートはプリンターA、引換券控えはプリンターBから印刷される。

その後、レジ端末②で販売し、販売レシートを印刷する。
プリンターBから印刷される。

 


以上です。
今後とも、スマレジをどうぞよろしくお願いいたします。