スマレジは、
マルチQRコード決済
StarPayと
連携しています。

1契約で主要なQRコード決済に対応できる、マルチQRコード決済「StarPay」。
「WeChat Pay」「Alipay」にも対応でき、インバウンド対策としても役立ちます。

対応QRコード決済

StarPayは、1契約で下記決済ブランドの取り扱いが可能。
決済ニーズの多様化にスマートに対応する、マルチQRコード決済サービスです。

  • WeChat Pay(ウィーチャットペイ)
  • Alipay(アリペイ)
  • PayPay(ペイペイ)
  • d払い
  • LINE Pay(ラインペイ)
  • au PAY
  • メルペイ
  • ゆうちょPay
  • Origami Pay(オリガミペイ)

※OrigamiPayのお申込は、年間売上50億円または50店舗以上が条件となります。

導入について、詳しくはお問い合わせください。

WeChat Payウィーチャットペイ」 「Alipayアリペイ」とは?

中国人向け決済手段の提供で、インバウンド対策を

キャッシュレス先進国である中国では、QRコード決済は日常的な決済手段として利用されています。
中でも、高いシェアを占める決済ブランドが、WeChat PayとAlipayです。
外国人旅行者の中でも特に多い中国人のお客さまへ、いつも通りの決済手段を提供する事で、販売機会の損失を防ぎます。
※2018年の訪日外国人は約3,119万人、うち、中国人は約838万人(出展:日本政府観光局)

WeChat Pay(ウィーチャットペイ)

2018年時点では、世界で10億人以上が使っている中国のメッセージアプリ WeChat。そのWeChat上で利用できる決済機能がWeChat Payです。
※ 出展:テンセント社公表

Alipay(アリペイ)

中国のEコマース企業 アリババグループのQR・バーコード決済。2018年時点のユーザーは、全世界で9億人存在します。
※ 出展:アリババ社公表

その他のインバウンド対策も充実

外国人旅行者は年々増加しています。インバウンド需要拡大に向けて、
役立つ機能を揃えました。
※2018年の訪日外国人は約3,120万人。直近の10年で3倍以上に増加(出展:日本政府観光局)、
東京オリンピックが開催される2020年には4,000万人目標(出展:観光庁)。

スピーディな免税販売

小売店 スピード免税販売

iPhone/iPad内蔵カメラでパスポートを読み取り、帳票印刷も自動で。免税販売がわずか60秒で可能(リテールビジネスプラン)。パスポートリーダーを利用した免税販売は、すべてのプランで可能です。

多言語対応のセルフオーダー

飲食店 多言語対応のセルフオーダー

飲食店向けのオプションとして、多言語対応のセルフオーダー機能をご用意しています。インバウンド対策だけでなく、人件費の削減や、注文ミスの防止に役立ちます。

決済ブランド自動識別で、
使い方はかんたん

お客さまのQRコード決済画面を読み取るだけで、決済ブランドを自動識別します。
複数対応でありながら、スムーズな購入体験を提供できます。
また、決済画面の読み取りは、スマレジ・アプリでもバーコードリーダーでも可能なため、専用の端末を用意する必要はありません。

決済ブランド自動識別

その他のキャッシュレス決済

その他の決済サービスを合わせて導入する事で、
クレジットカード・電子マネー決済にも対応が可能になります。

クレジットカード

JCB(ジェーシービー), VISA(ビザ), mastercard(マスターカード), AMERICAN EXPRESS(アメリカン・エキスプレス), Diners Club International(ダイナースクラブ), UnionPay 銀聯(ちゅうごくぎんれん), DISCOVER(ディスカバーカード), SAISON CARD INTERNATIONAL(セゾンカード)

電子マネー

Apple Pay(アップル ペイ), QUICPay(クイックペイ), iD(アイディ), nanaco(ナナコ), 楽天Edy(ラクテンエディ), WAON(ワオン), Kitaca(キタカ), Suica(スイカ), PASMO(パスモ), TOICA(トイカ), manaca(マナカ), ICOCA(イコカ), SUGOCA(スゴカ), nimoca(ニモカ), はやかけん