キャッシュレスとは?

キャッシュレスとは何か、店舗にとってどんなメリットがあるのか解説しています。
2019年10月から「キャッシュレス・消費者還元事業」が始まり、今後、ますますキャッシュレスは盛り上がりを見せると予測されます。

現金だけはもう古い?
多様化するキャッシュレス決済。

キャッシュレス決済とは、現金を使用せずに会計をすることを指します。
従来はクレジットカードが典型例でしたが、近年ではさらに進化し、銀行口座から即時に引き落とされるデビットカード、スイカやnanacoといった非接触ICカードの電子マネー、スマホのQR・バーコード決済など、近年はさまざまなキャッシュレス決済の方法が誕生しています。

キャッシュレス決済を導入すると、
どんなメリットがある?

インバウンド消費など
販売機会が増加

決済手段が増えることで、販売機会も増加します。クレジットカード決済やQR/バーコード決済の導入によって、訪日外国人への販売機会も逃しません。

現金管理の負担を軽減し
人的エラーも予防

会計時の人的ミスやトラブルが起こりにくくなります。完全キャッシュレスなら、レジ締めで現金を数える必要もなくなり、釣銭準備金の手配もいりません。

レジ対応の手間が減り
店舗運営がスムーズに

特に非接触ICカードやスマホ決済は、現金を預かって釣銭を手渡すレジ運用と比べると、グッとレジ対応の時間を短縮することができます。

端末導入費用が無料になる

「キャッシュレス・消費者還元事業」とは?

10月から始まる消費税率引上げ後の消費喚起と、店舗のキャッシュレス化推進のため、国が消費者や店舗に向け、幅広く補助を行う事業です。
一般消費者へ向けてはポイント還元、店舗に向けては決済手数料の一部・キャッシュレス決済端末の導入に係る費用が補助されます。

キャッシュレス
対象期間 2019年10月~2020年6月
対象になる決済手段 クレジットカード、デビットカード、電子マネー、QRコードなど電子的に繰り返し利用できる決済手段
対象になるお店 中小・小規模事業者かつ、課税所得が15億円以内である

お店のメリット

キャッシュレス決済サービス

今なら端末導入 無料

手数料3.25% 以下、さらに

決済手数料 1/3 を補助

集客効果も期待できる

消費者 ポイント還元

スマレジなら、キャッシュレス・消費者還元事業対象のサービスと連携できます。

  • JMS おまかせサービス
  • Coiney
  • Square
※スマレジは、キャッシュレス・消費者還元事業の対象サービスではありません。別途、決済サービスを契約する必要があります。