軽減税率対策補助金、使えます。レジ周辺機器が4分の1、iPadは2分の1の価格に! 軽減税率対策補助金、使えます。レジ周辺機器が4分の1、iPadは2分の1の価格に!

2019年9月30日をもちまして、
補助金対象のご契約受付は終了しました。

軽減税率対策補助金とは?

2019年10月1日から、消費税軽減税率制度が実施されます。
8%と10%の複数税率を取り扱っている店舗は、制度開始に伴い、対応レジの導入や既存レジの改修が必要になります。
その導入や改修に係る費用を国が支援してくれるという補助金制度です。
【8%・10%】消費税軽減税率制度って?

周辺機器が4分の1の価格に!
ぜひ活用しましょう

周辺機器・導入にかかる費用の4分の3を国が補助してくれます。(タブレット・PC・スマートフォンは、2分の1)
補助限度額は、レジ1台につき20万円(その他導入にかかる費用がある場合、さらに20万円)、1事業者につき200万円となります。

周辺機器・導入にかかる費用

1/4の価格に!

iPad・iPhone・iPod touch

1/2の価格に!

※対象サービスによって、補助金が適用される機器は異なります。スマレジの補助金対象機器はこちらでご確認ください。

対象業種・条件は?

2つの条件さえ満たしていれば、
お店の業種は問いません。

※複数税率の販売実績の提出が必要となります。

軽減税率対象品目の取扱いがある なおかつ、複数税率に対応したレジを持っていない

軽減税率対象品目とは?
下記に該当する商品は軽減税率の対象になるため、消費税率は8%にとどめられます。
【テイクアウト食品】…「酒類」「外食」「ケータリング・出張料理等」を除く飲料食品 【その他】…定期購読の契約をした週2回以上発行される新聞
資本金 【小売・飲食・サービス業】¥5,000万以下 or 従業員 【小売業】50人以下 【飲食・サービス業】 100人以下

中小企業者・小規模事業者である 

中小企業者・小規模事業者に当てはまるお店
資本金が5,000万円以下、または従業員数が50人以下(飲食店やサービス業であれば100人以下)の企業・個人事業主が中小・小規模事業者に当たります。
中小企業者・小規模事業者に当てはまるお店
中小企業者・小規模事業者に当てはまるお店

例えばこんな場合も、
対象になります。

  • 健康食品・サプリメント等を販売しているエステや美容室など
  • テイクアウトと店内飲食の両方ができるお店 ※1
  • 飲食料品と雑貨の両方を販売しているお店
  • 個人事業主で軽減税率を取り扱っているお店
※1 飲食店で導入する場合、補助金の対象はレジ関連機器のみとなり、キッチンプリンターやハンディなど飲食店向けの機器は対象になりません。

実際、どれだけお得?

補助金を利用して機器購入した場合のシミュレーションです。

※価格は全て税抜価格です。

小規模店舗用
レジセット 1台

レジセット
  • 購入商品 通常価格 実質負担額
  • iPad
    ¥37,800 × 1台
    ¥37,800
    ¥18,900
  • レシートプリンター内蔵型
    キャッシュドロア 「mPOP」
    バーコードリーダー付き
    ¥63,400 × 1台
    ¥63,400
    ¥15,850
  • カスタマーディスプレイ
    ¥37,800 × 1台
    ¥37,800
    ¥9,450
  • ¥139,000
    ¥44,200
  • ¥94,800の補助金を受け取り

小規模店舗用
レジセット 3台

レジセット 3台
  • 購入商品
    通常価格
    実質負担額
  • iPad
    ¥37,800 × 3台
    ¥113,400
    ¥56,700
  • レシートプリンター内蔵型
    キャッシュドロア 「mPOP」
    バーコードリーダー付き
    ¥63,400 × 3台
    ¥190,200
    ¥47,550
  • カスタマーディスプレイ
    ¥37,800 × 3台
    ¥113,400
    ¥28,350
  • ¥417,000
    ¥132,600
  • ¥284,400の補助金を受け取り

中規模店舗用
レジセット 10台

レジセット 10台
  • 購入商品
    通常価格
    実質負担額
  • iPad
    ¥37,800 × 10台
    ¥378,000
    ¥18,9000
  • iPadスタンド
    ¥3,000 × 10個
    ¥30,000
    (対象外)¥30,000
  • バーコードリーダー
    ¥32,000 × 10台
    ¥320,000
    ¥80,000
  • レシートプリンター
    ¥44,300 × 10台
    ¥443,000
    ¥110,750
  • キャッシュドロア
    ¥9,700 × 10台
    ¥97,000
    ¥24,250
  • ¥1,268,000
    ¥434,000
  • ¥834,000の補助金を受け取り
決済端末が無料に!

「キャッシュレス・消費者還元事業」をご存知ですか?

2019年10月から、国から補助金が出る「キャッシュレス・消費者還元事業」が始まります。
今なら対象の決済サービスを導入すると、端末導入の負担なし!
スマレジと連携が可能な事業対象サービスは下記になります。

  • 楽天ペイ
  • Coiney
  • Square
  • スマレジ PAYMENT
その他、スマレジ対応のCAT/CCT端末?を使用した事業対象サービス(JMS等)
多忙な店舗さまへ朗報 !

導入時のサポートにも、
補助金が使えます。

導入に時間をかけられないお客様のため、スタッフによる各種サポートサービスをご用意しています。
サポートサービスにも、4分の3の補助金が適用されます。

納品・セットアップ

専門スタッフが現地へ伺い、周辺機器の設置・初期設定を行います。

1店舗につき
¥40,000
補助金で1/4に
¥10,000

トレーニング

店舗スタッフ様へ操作方法についてトレーニングを実施いたします。

1回
¥40,000
補助金で1/4に
¥10,000

データの移行・登録

お客様の商品データをお預かりし、登録を代行いたします。

例(電子データあり/100件まで)
¥10,000
補助金で1/4に
¥2,500
※交通費別途 ※価格は全て税抜価格です。 ※上記の価格は例です。店舗のスタッフ数などにより、料金が変わる場合があります。詳しくはこちら

導入事例

Bombonera rico

“補助金を活用してスマレジの導入を実現”

Bombonera rico (ボンボネーラ・リコ) / 飲食2店舗:レジ入れ替え

“ サポートをお願いした際に送っていただいた書類を見て、とても丁寧な印象でした。自分で作成した申請書を軽減税率補助金事務局に提出するときも、特に煩わしさはなかったです。申請してから2ヶ月ほどで補助金が交付され、全体的にスムーズだったと思います。
スマレジは、きちんとしたデータに基づく売上分析ができることがやはり格段に便利です。今まではいわゆるメカレジを使っていて、売上分析が感覚値でしかありませんでした。それを完全に数値化できたというのがやはり一番のメリットだと感じています。”

詳しく見る

申請の流れ

スマレジが、しっかり代理申請いたします。

スマレジは、中小企業庁指定のPOSサービスベンダーです。
補助金の申請には、多くの書類が必要で大変ですが、スマレジがしっかりサポートし、代理申請いたします。
2019年9月30日までにスマレジのご契約を完了された方が補助金の対象となります。お早めにご相談ください。

要件の確認・補助額の算出

こちらの要件をよく確認しましょう。
また、受け取れる補助金を計算してみましょう。iPad・iPhone・iPod touchは2分の1、その他周辺機器は4分の3が補助されます。レジ1台につき20万円(導入サポートも利用する場合、さらに20万円)、1事業者につき200万円が限度額となります。

POINT

ショールーム(無料)へお越しいただければ、さまざまな周辺機器と合わせてスマレジを体験しながら、最適な機器やプランについてスタッフにご相談いただけます。
ショールームのご予約はこちら

機器の購入・サービスの導入

実際にスマレジをお申し込みいただき、機器を購入します。
ご契約完了期限は2019年9月30日となります。
全国12箇所のヤマダ電機でも、スマレジの体験や機器の購入が可能です。

POINT

導入が決まったら、スピーディーにご利用開始していただけるよう、出張セットアップ等、補助金対象の導入サポートサービスもご用意しています。
詳しくはこちら

補助金申請の手続き

スマレジの専用画面から必要書類をご提出いただき、スマレジが代理申請いたします。補助金申請の期限は2019年12月16日ですが、代理申請の手続きにお時間をいただくため、早めのご提出をお願いしております。

POINT

代理申請するにあたり、書類に不備がないか、しっかりチェックいたします。

補助金受け取り

申請完了から2~2.5か月で、補助金を受け取ることができます。

よくあるご質問

スマレジを使うために機器を購入すれば補助金はもらえますか?
はい。補助金の申請が可能です。スマレジは、中小企業庁が認定する消費税軽減税率対策補助金の対象サービスです。
補助金の申請はいつまでですか?
ご契約完了期限は2019年9月30日となります。
また、補助金申請の期限は2019年12月16日ですが、スマレジは代理申請となるため、早めの書類提出をお願いしております。
iPadの購入だけでも、補助金の対象になりますか?
いいえ。対象になりません。
導入サポートは、補助金の対象になりますか?
はい。対象となります。
中古品は対象になりますか?
スマレジで申請する補助金タイプ(A3型)では、中古品は補助金の対象になりません。
うちのお店は補助金の対象になりますか?
下記①~③の全ての条件にあてはまる店舗が対象です。
① 軽減税率対象品目の取扱いがあること
② 小売業では資本金5,000万円以下または従業員が50人以下
 飲食業・サービス業では資本金5,000万円以下または従業員が100人以下
③ 複数税率に対応したレジを現在持っていないこと
補助金はいつもらえますか?
まずは、お客さまにて導入費用を全額ご負担頂き、納品完了後に補助金の申請を行います。申請から約3ヵ月前後で補助金が入金される流れとなります。
補助金の申請は何回でもできますか?
期間内であれば、1店舗につき1回ずつ申請可能です。
補助額に上限はありますか?
1企業(個人)様200万円までとなります。

iPhone iPadで使える、高機能クラウドPOSレジ

POS ベンダー

スマレジはiPadやiPhoneを用いた低価格かつ高機能なPOSレジです。データはクラウド上で一元管理。時間と場所を選ばないリアルタイムな売上分析を実現しました。
小売やアパレル、飲食店など多くの業態に応える機能を有し、小規模から大規模チェーンまでご利用いただけます。操作はシンプル。どなたでも簡単にご利用いただけます。単独店舗の基本レジ機能は無料。お客様の用途に応じた料金プランをご用意しています。